あなたのお肌にピッタリあう化粧品のブランドが必ず見つかります!

スポンサードリンク

スベスベの肌を手に入れるための洗顔方法

間違った洗顔で、損をしている人が大勢います。時間をかけ丁寧にやった洗顔でも知らないだけで、正しく洗えていない。 老廃物や汚れが残っていては、化粧水などがうまく浸透しません。正しい洗顔方法で美しい肌になりましょう。

≪正しい洗顔法≫
  
  @まず手をきれいに洗いましょう。
     きずかないだけで手はけっこう汚れているものです。
     汚れた手で洗顔しても意味がありませよね。
  
  Aぬるま湯で、しっかり素洗いしましょう。
     洗顔フォームをつける前にぬるま湯で素洗いすることで、
     毛穴が広がり洗顔料の泡が入り込みやすくなるのです。
     (素洗いの前に、蒸しタオルを顔にのせるとさらに効果的!)
  
  B面倒がらずに洗顔料はしっかり泡立てましょう。
     きめこまかい泡は毛穴の奥まで入りやすいのです。
     泡立てネットなどを使い少し時間をかけて泡立てれば、
     きめ細かな弾力のある泡ができあがります。
  
  C肌はやさしく洗う
     泡を顔全体にまんべんなくのせて、手で顔を覆うようにして洗いますが、
     その時、絶対にゴシゴシと強くこすってはいけません。
     強くこすると刺激により肌が荒れてしまうからです。
     泡を転がすような感じでやさしくやさしくソフトに洗いましょう。
     そして、Tゾーンや小鼻のまわりなどは、
     毛穴の黒ずみや脂浮きが気になる部分なので、丁寧に洗ってあげてください。

  
  Dすすぎはぬるま湯で、しっかり洗い流す。
     冷たい水だと毛穴がきゅっと締まって、汚れを完全に取り除くことが
     できません。
     せっかく毛穴の奥まで洗顔料が入っても、冷水により毛穴が締まると、
     洗顔料と汚れの両方が毛穴の中に残ってしまいます。
     そのために かえってトラブルを起こしてしまうのです。
     それから、洗面器にお湯をためて洗うのもよくありません。
     洗面器に落ちた汚れたお湯で、また洗っては意味がありません。
     流し湯で丁寧に洗い流してください。
  
  E仕上げは柔らかいタオルで水気を取りましょう。
     こすってはダメです!
     清潔なタオルで、おさえるようにやさしくふき取ってください。
  
◎ダブル洗顔
  化粧をしている場合は、当然クレンジング剤などで化粧を落とす必要があります。

  ここで大切なのは、クレンジングと洗顔は別物だということです。
  クレンジングだけではメイクの油分が毛穴に残り、ニキビなどの
  トラブルの原因になってしまいます。
  必ずクレンジングの後に洗顔料を使い洗顔をしましょう。
  
  クレンジングの場合も洗顔と同じく、清潔な手でたっぷりと
  クレンジング料を顔にのせ
  メイクを落としますが、やはり洗顔と同じく強くこすってはダメです。
  そしてできれば、洗い流すクレンジングタイプがお勧めです。
  ふき取るタイプだと、ついついこすりすぎてしまい、かえって
  肌を痛める場合があるからです

  このような洗顔を毎日心がけていればお肌にとってとてもよい事だと思われます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27092315

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク